COMPANY

コンプライアンス

MACオフィスでは、法令遵守と企業倫理遵守の精神に基づいた事業活動の徹底を目的として、「コンプライアンスガイドライン」を制定しております。

推進にあたっては、代表取締役社長CEOが中心となり、社会的責任と公共的使命を踏まえ、経営理念体系や経営者の姿勢・哲学・企業風土等を勘案し、各本部長へ適切かつ具体的な内容で指示し、その部門においてコンプライアンスガイドラインの定着を徹底するために、社内勉強会や社外セミナーを通じて、コンプライアンスの大切さをすべての本部員に理解してもらい、コンプライアンス違反が発生しないように努めております。

また、組織の不正行為や倫理法令違反等の早期発見および未然防止を目的として、内部通報制度を制定しております。

さらには、単に組織や規程等を整えることだけではなく、それらを有機的に機能させるため、経営陣が主体的・能動的に取り組んでおり、原則として月1回開催される執行会議や経営会議、取締役会において情報共有を図っております。

本規範に基づき、常に自らの活動を律するとともに、MACオフィスのコンプライアンス体制の推進・改善に努めております。

PAGETOP