SERVICE

サービス詳細

お客様の便益を高めるMACオフィスのサービス

プロジェクトコンサルティングサービス

オフィスに求められる機能は業種別ではなく、発展段階による共通事項があります

弊社はこれまで多くのプロジェクトの実績を通じ、多様化するニーズの中にも、オフィスにはある絶対的な共通事項があることを発見しました。それは単に求められている機能やスペースではなく、経営理念や戦略、また異なる発展段階において、その時ごとに必要とされている共通のファンクションがあるということです。

例えば、人間が成長に合わせて洋服や靴のサイズを変えるように、また仕事の職種によって必要なユニフォームが異なるように、オフィスという空間自体も、企業の成長や戦略に合わせ、大きさのみならず、機能、カタチ、デザインに適正な変化を加えていくことが重要です。弊社はそれらのデータを基にお客様ごとのニーズをよく理解し、運用方法と合致させていきます。

  • 移転元現状調査(必要ファシリティの確認)
  • 移転先ビルの確認・調査(ビルのコンディション、工事区分確認)
  • 満足度・重要度診断(アンケートによる経営と現場の意識の共有化)
  • 企業理念・中長期戦略インタビュー(オフィスに対するビジョンの策定)
  • プログラミング(要件整理とゴールの設定)
  • トレンド分析(ブランディングとトレンドの一体化)

ワークスタイル変革サービス

社員の働き方に企業が責任を持つ時代が来ています

ワーカーの生産性はゾーニングや動線計画の改善だけで上がるものではありません。企業や組織のミッションを効果的に実現させるためには、各部署のワーカーが本来1日に費やすべき時間の配分や流れ(=ワークモード)に合うようにオフィスを設えることが重要です。

これまでのオフィスは『ファシリティ』の一部と考えられ、同じスペースにより多くの人を入れ込み、維持管理しやすいカタチが望ましいとされてきました。しかし私たちはオフィスを知的創造を行う『経営資源』の1つとして捉え、単に管理する側からの視点でオフィスを見るのではなく、そこで働くワーカーの知的生産性や快適さを促進する仕掛けをご提案しています。

  • ワークプレイス診断(定点観測による課題抽出)
  • ワークモード分析(従業員のオフィスに関わる生産性の確認)
  • ワークスタイル提案(将来の働き方に対するビジョン策定)

設計・デザインサービス

デザインにこだわりがあります。オフィスデザインは<理論>と<感性>で作り上げます

弊社のチームには国際的な企業のデザインを手がけ、業界のリーダーとして活躍してきたベテランスタッフが在籍しております。業界のトップデザイナーや商業デザイナーを中核に据え、業界初となるスクラムワーク(*2)という新たな共創スタイルで組織全体の運営を図っております。
弊社は単に見せ方やパースが上手いというプレゼン重視型の業務は行っておりません。デザイン手法に弊社独自のクリティカルデザインパス(*3)という理論を用い、発想からリサーチ、検証までの一連のプロセスを通じ、新クリエイティブオフィスづくりのノウハウを構築しています。これまでのオフィス構築の理論と実践から学んだノウハウと、現在のトレンドスタイルをデザイナーの感性と融合させることで、他社にはない付加価値をご提供しております。

近年、ようやく国内のオフィスに対する考え方にも変化が生まれ始め、これまでのスピード、ローコストのみならず、経営理念やイメージ戦略のためのブランディングや、組織を活性化するためのコミュニケーションプランニング、トレンドを牽引するICTの導入などの付加価値が求められるようになってきました。
こういった意識の変化につれ、オフィスは今「モノづくり」から「コトづくり」の場へと変わりつつあります。弊社はこれまで以上に「コト」が起こしやすい「場」のあり方を考え、これまで培って来た独自のノウハウで、企業のメッセージを「カタチ」へと翻訳し、ワーカーがそれを体感できる「場」づくりを行っています。

  • ブランディング・イメージ戦略(企業メッセージの具現化)
  • コンセプト・プランニング(コンセプト立案)
  • ワークスタイル・プランニング(ワークスタイル提案に合わせたプランニング)
  • インテリア、空間デザイン提案(カラー&マテリアル、空間提案)
  • ライティングデザイン(照明計画)
  • レギュレーションチェック(関係法規の確認、役所・消防署調整)
  • グラフィックデザイン(グラフィック提案)
  • アートワーク提案(アートワーク、装飾、植栽提案)
  • CGデザイン(パース作成、スケッチ、ウォークスルームービー、模型制作)

ファシリティサービス

ファシリティの有効活用は組織の活性化に影響を及ぼします

オフィスファシリティの合理的な運用によって、ワークプレイスの快適性やワーカーの知的生産性を高めるなど、それらを経営資源として戦略的に活用する企業が増えています。

例えば競争力の強化と企業戦略実現のために今や不可欠となっているICTの活用もその1つ。最適な組織運営には快適かつ安定したICTの導入が欠かせません。弊社はICTもお客様の便益を高めるオフィス環境の1つと捉え、それらの可能性を最大限に活用したトータルソリューションを提供しています。

  • 造作家具提案(ワークモードに合せた造作家具で知的生産性の向上)
  • 既製品家具選定(各種メーカー家具提案)
  • ICTプラニング(ICT、AVコンサルティング)
  • セキュリティ提案(フィジカルセキュリティ、情報セキュリティ、ログ)
  • 各種設備計画(電気、空調、防災設備、換気設備、給排水衛生設備、防音設備等)

IT・インフラサービス

オフィス環境の最適化はワーカーの快適性を生み出します

IT・インフラの強化は、ワーカーの快適性と業務効率に直接影響を及ぼします。最適な組織運営には快適かつ安定したインフラ設備が欠かせません。

弊社はITに特化した企業との業務提携を行なっており、同じチームとしてお客様の便益を高めるオフィス環境づくりのトータルソリューションを提供しています。

  • IT提案(ネットワーク構築、クラウド提案など)
  • サーバールーム構築
  • 電源計画
  • 電話・LAN計画

プロジェクトマネジメントサービス

プロジェクトを成功に導くには5つのマネジメントが重要です

プロジェクトマネージメント(PM)の起こりは、元々リスク管理の目的から始まりました。まずプロジェクトのゴールを策定し、それにかかるスケジュールとコストを予測します。それらを基にプロジェクトの工程を出来るだけ詳細に描きながら進行に関わるリスクを予め予測し、それらのリスク回避となる最適な人員体制を整え、進捗に併せその都度必要な舵取りとして調整・変更を行っていきます。

プロジェクトを成功に導くために下記の5つを弊社のマネジメントポリシーとしており、単に入札して安い業者を使うことでPMのパフォーマンスをアピールするようなことはしておりません。リスク回避の観点からプロフェッショナルの視点を通じて、最後までお客様のサポートを行っております。

  • リスクマネジメント(リスク回避のためのプロセス管理)
  • スケジュールマネジメント(マスタースケジュール、工事スケジュール、進捗管理)
  • コストマネジメント(予算表、計画変更に伴う予算のモニタリング)
  • 人的資源・体制マネジメント(リスク回避を行うための体制管理)
  • クライアント業務マネジメント(クライアントのサポート、アドバイス)

コンストラクションマネジメントサービス

信頼できる現場工事のエキスパートが工事に関わるプロセスと品質をお約束します

工事に関わる各社の段取りや業務スコープ、あるいはコスト調整などの「プロセス管理」を綿密かつスピーディに行い、常にお客様へ分かり易くお伝えしていきます。

多くの人や業種が関わるオフィスプロジェクトにおいて現場の混乱は、お客様の企業イメージを損ねることにつながりかねません。各社の職人にとって単に、多くの現場の1つとならないように、弊社は1つ1つが大切なオフィスであることを伝えています。企業イメージを高めるオフィス作りにはコンストラクション(工事)のマネジメントが重要であると考えております。

  • B・C工事会社・ベンダーマネジメント(スコープ確認、信頼関係構築)
  • 施工図作成(詳細図面を通じて設計者とディテールの打合せ)
  • 見積もり作成(各工種見積もり、予算反映)
  • 見積もり査定・交渉(内容確認、品質管理、査定・交渉)
  • コスト調整(全体予算管理、VE提案)
  • 発注支援(各種手配、納期確認および調整、納品段取り)
  • 工事管理(工程調整、進捗確認)
  • 現場監理(各種品質管理、ケーブルマネジメント)
  • 引越し手配(移転段取り、養生、資産保護

コンストラクション(工事)サービス

徹底した現場管理でお客様の資産を最大化いたします

プロジェクト(ビルの工事区分に基づき)の計画に合わせ、各種工事(施工)を行います。お客様の満足度は、最終的に「出来上がりの良し悪し」で決まります。設計者のデザインの意図を十分に汲み取り、細心の注意を払って施工を行っています。

工事の仕上がりは職人の腕だけで決まる訳ではありません。実は竣工までの厳しい施工管理によってもクオリティが大きく左右されます。弊社は独自の基準に基づき一級施工管理技士がクオリティ管理を行い、プロセスと仕上がりの両方にこだわりを持って仕事を行っています。竣工までに設計者検査、自主検査を経てお客様へお届けいたします。

  • リスク管理
  • スケジュール管理
  • コスト管理
  • 人的資源・体制管理
  • クライアントサポート
PAGETOP