1. Home
  2. オフィスのお役立ち情報
  3. 移転の際にはオフィスインテリアのデザインにもこだわりを持とう
移転の際にはオフィスインテリアのデザインにもこだわりを持とう

オフィスのお役立ち情報

移転の際にはオフィスインテリアのデザインにもこだわりを持とう

移転の際にはオフィスインテリアのデザインにもこだわりを持とう

オフィスを移転する際、移転先ではより快適に仕事をしたいと考えた時に、インテリアのデザインにこだわりを持つことは非常に重要な要素となります。従業員のモチベーションアップや来客者の好印象にもつながり、より生産性が高まって会社の利益につながる可能性もあるからです。今回は、個々のインテリアに焦点を当て、それぞれがどのような貢献をするのかを検証していきます。

天井は開放感を感じられる場所!

【引用元:GAHAG】
【引用元:GAHAG】

仕事をする上で普段はあまり目を向けることの無い天井部分ですが、工夫を凝らすことで文字通りオフィスに「光」をもたらします。
まずご紹介するのは、いわゆる「むき出しの天井」です。天井の壁を取り払って空間のスペースを広くすることで、オフィス内で開放感を味わう事ができます。さらにそこにプラスしたい要素は「むき出しのダクト」や「むき出しの鉄骨」です。空調や換気のために存在するダクト、オフィス建築の際必須の骨組みとなる鉄骨は本来無機質なものであり、視覚に耐えないほど邪魔な存在に見える事もあります。しかし例えば、広い天井の色に合わせるようにダクトや鉄骨を塗色し、さらに配置的に家具との調和が取れれば、オフィス内に思わぬ「芸術品」が誕生する事となり、気持ちよく仕事をする事ができます。
また、天井が低いオフィスの場合でも工夫次第では開放感を感じさせる事ができます。まず基本として、壁と天井を白などの明るめの色で統一すれば、天井の低さが目立ちません。模様にも気を配って壁や天井を彩れば錯覚により天井を高く見せる事も出来るのです。垂直方向を意識させて天井を高く見せる、といった観点では、カーテンや壁紙などを縦ストライプにする、といった方法もあります。

照明の明るさにも気を配ろう!

【引用元:GAHAG】
【引用元:GAHAG】

照明はオフィス内の雰囲気を変える要素となります。明るければ仕事もはかどりますが、暗いと従業員の気分も自然と沈み、能率が上がらないかもしれません。しかし照明は単純に明暗だけではなく、インテリアとしてオフィスを彩る存在にもなり得ます。
例えばスタンドライトという製品は、個々のデスクを明るく照らしてくれますが、スイッチオフの状態でも置き方次第では見た目の良いインテリアになり得ます。少しだけ明かりをつけておけばオシャレな空間を演出する事もできるでしょう。
照明の「色」もオフィスを活気づかせる重要なポイントとなります。赤色や橙色といった暖色系の色は、オフィス内にリラックスした、落ち着いた雰囲気を醸し出しますが、近年増加しているオシャレなインテリアを置いているオフィスでもこの色が採用されているケースが多くなっています。またオフィス全体の事を考えると、ある部屋では暖色系でも、エントランスなどでは微妙に色を変える事によってメリハリを付ける事ができ、来客者に好印象を与える事ができます。
しかしここで気を付けたいのは、あまり照明を多く使うと電気代がかさんでしまう点です。単純に節電のために照明を消したり付けたりしていては、目にも良くなく作業効率も落ちてしまうので、省電力を意識しつつ、効率よく照明を利用する事が大切です。

雑貨や小物もオフィス内では大切なもの!

【引用元:GAHAG】
【引用元:GAHAG】

天井や照明といった、オフィス全体のデザインと同様に、デスク周りなどに雑貨や小物を置いておくのも、仕事をする上で雰囲気をプラスに変える要素となり得ます。
例えばボールペンやホッチキス、メモ用紙といった、デスク作業に必要な備品を入れておくケースなどに工夫を凝らすのも、面白いアイデアとなります。雑貨店などでは、オシャレなデザインのペンケースやメモ用紙入れなどが数多く販売されています。一つ一つは小さなものでも、多くの従業員が取り入れていればデスク上が華やかな雰囲気になる事でしょう。
他にも工夫できる箇所はあります。現代のオフィスでは、パソコンやFAX機、コピー機といった電気機器に囲まれて仕事をしている、と言っても過言ではありません。こうした機器は電源となるコンセントプラグが欠かせませんが、ここが目の付け所となります。無機質な灰色系統のものが多い、プラグを挿す媒体であるコンセントソケットをマルチタップ式にしてカラフルなものに変えてみるだけでも、ちょっとしたオシャレ心が利いていると言えます。
オフィスチェアーに敷く座布団や卓上カレンダー、パソコンのスクリーンセーバーといったものまで、雰囲気を変えるための少しの心遣いがオフィス内を明るくする事にもつながるでしょう。

癒しの存在!観葉植物を置いてみよう

【引用元:GAHAG】
【引用元:GAHAG】

オフィス内において癒しの存在となる観葉植物も、インテリアとして代表的なものです。植物を見る事で精神的にリラックスし、気分転換ができることで仕事の生産性も上昇する、と言われています。
配置にも様々な場所が考えられます。エントランススペースに大きめのものを置いておけば、来客者に癒しのひと時を与えてくれることでしょう。オフィス内に置く時には、邪魔にならないようなサイズのものを配置すれば、仕事も快適に行えます。個々のデスクの上にミニ盆栽など、コンパクトなものをワンポイントとして置いておくのも良いアイデアと言えるでしょう。
こうした観葉植物を癒しの存在としてオフィスに置き続けるには、管理が大事になります。毎日適切なタイミングで水やりをする事はもちろん、温度管理も重要となります。観葉植物は熱帯雨林地帯原産のものが多く、湿度の高い環境を好みます。日本の冬は乾燥する場合が多いので、この季節は常に十分な温度、湿度を保つようにしましょう。そして、自然の光も十分浴びさせなければなりません。太陽光が届くような所に配置するようにしましょう。これらの管理を怠ると枯れる原因にもなってしまいます。癒しの存在であるはずが逆に気分を滅入らせる結果にもなってしまうので、十分に気を付けるようにしましょう。
上記で見てきたように、移転した際にオフィスインテリアのデザインにこだわりを持つ事は、社内の雰囲気を一変させる事にもつながります。天井や照明といったオフィス全体の要素から、小物や雑貨、観葉植物といったワンポイントの要素まで、気を配るべき所はたくさんあります。一つ一つのデザインにこだわりを持ち、快適なオフィス環境を作り出しましょう。

前後の記事

記事一覧へ

CONTACT

  • TOKYO
    TEL: 03-5511-1881
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 03-5511-1884
  • OSAKA
    TEL: 06-4704-8705
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 06-4704-8707
ご相談・お問い合わせ