1. Home
  2. オフィスのお役立ち情報
  3. 知らなかったではすまされない?名刺に記載されている英語の役職とその意味
知らなかったではすまされない?名刺に記載されている英語の役職とその意味

オフィスのお役立ち情報

知らなかったではすまされない?名刺に記載されている英語の役職とその意味

知らなかったではすまされない?名刺に記載されている英語の役職とその意味

CEO、CTO、CFOなど最近ではグローバル化に伴い日本でも英語で役職を記載する企業が多くなってきています。「どの英語がどの役職のことを指しているのか」といった基本を知らなければ、名刺交換をした際などに失礼をしてしまいかねません。よく目にする役職だけでも、最低限覚えておきましょう。
 

「C◯O」は各部門の最高責任者

【引用元:Frickr】

名刺などに書かれた英語の役職で目にするのがCEOやCTOなどの「C◯O」の役職。それぞれ「C」は「Chief(最高)」「O」は「Officer(責任者)」を意味し、各部門の最高責任者である重役の役職に用いられます。以下はよく用いられる役職です。
 
・CEO(Chief Executive Officer)=最高経営責任者
・CFO(Chief Financial Officer)=最高財務責任者
・CTO(Chief Technology Officer)=最高技術責任者
・CIO(Chief Information Officer)=最高情報責任者
・CMO (Chief Marketing Officer)=最高マーケティング責任者
・CAO(Chief Alliance Officer)=最高提携責任者
・COO (Chief Operating Officer)=最高執行責任者
 

実はCEOと社長と代表取締役は違う

【引用元:ぱくたそ】

名刺に記載された役職の中でも特に混同されがちなCEO、代表取締役、社長の3つの役職ですが、日本の会社法上で定められているのは代表取締役だけです。ただ、一般的に代表取締役=社長である場合がほとんどです。また、日本企業におけるCEOは海外企業への説明の際に分かりやすいようにそう表記しているだけで、特に法律で定められている役職ではありません。以下は会長や社長など、日本の代表的な役職を英語表記する場合の一例です。
 
・会長=Chairperson、Chairman of the Board (of Directors)、President、Executive Director
・副会長=Deputy Chair、Vice President
・代表取締役社長=President&Representative Director ※「社長」のみだと「President」
・代表取締役副社長=Vice President&Representative Director※「副社長」のみだと「Vice President」
・代表取締役=Representative Director、Executive Director
・専務取締役=Senior Managing Director、Executive Vice President、Executive Director
・常務取締役=Managing Director、Executive Vice President、Executive Director、Junior Managing Director
・取締役=Managing Director、Executive Vice President、Executive Director、Junior Managing Director
・役員=Board Member、Executive Officer
・監査役=Auditing Director、Auditor、Internal Auditor、Inspector
・委員長=Committee Chair
・顧問=Consultant
・相談役=Adviser、Corporate Adviser、Counselor、Senior Adviser
・支店長=Branch Manager、General Manager
・支店長代理/副支店長=Deputy General Manager、Deputy Branch Manager
・店長=Store Manager
・本部長、事業部長=Division Director
・部長=Department Manager、General Manager、Director、Section Manager
・副部長=Deputy Director
・部長代理=Acting General Manager
・次長=Senior Manager、Deputy Manager、Assistant Manager、Assistant Director
・課長=Manager、Section Manager、Section Chief
・課長代理=Acting Manager
・室長、主査=Manager
・係長=Deputy manager、Manager、Senior Staff、Subsection Chief
・班長=Group Leader
・主任=Chief、Head、Assistant Manager、Senior Staff
・工場長=Factory Manager、Plant Manager
・顧問弁護士=Legal Adviser、Corporate Lawyer
・社員=Staff、Member、Staff Member
・嘱託社員=Non-regular Staff
 

国や会社によって役職の呼び方は様々

【引用元:ぱくたそ】

名刺に英語で役職を記載するときに覚えておいて欲しいのが、役職は国や企業によって同じ呼び方で違った意味で使用されることがあったり、違った呼び方で同じ意味を表しているケースがあるということです。これまでに紹介した英語での役職名はあくまで「一般的」な表記の仕方であり、「もしかしたら同じ役職名であっても自社と他社では異なったの意味で使用している可能性がある」ということは忘れてはいけません。社長や部長などであればそこまで大きく違うことはないでしょうが、主任や係長などはそもそもそういった役職が存在しない企業もあるため、注意が必要です。
 
 
このように、英語での役職表記は一応基本とされる表記の仕方は決まっているものの、企業や国によってバラツキがあります。名刺交換をする際に相手の役職が英語表記であった場合は、早とちりで誤った解釈をしてしまわないよう気をつけましょう。

前後の記事

記事一覧へ

CONTACT

  • TOKYO
    TEL: 03-5511-1881
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 03-5511-1884
  • OSAKA
    TEL: 06-4704-8705
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 06-4704-8707
ご相談・お問い合わせ