1. Home
  2. オフィスのお役立ち情報
  3. 夏だ!危険だ!自分の体臭が気になる人がとるべき3つの対策
夏だ!危険だ!自分の体臭が気になる人がとるべき3つの対策

オフィスのお役立ち情報

夏だ!危険だ!自分の体臭が気になる人がとるべき3つの対策

夏だ!危険だ!自分の体臭が気になる人がとるべき3つの対策

夏になると露出の多い服装が増えると同時に、自らの「体臭」も気になり始めます。体臭と一口に言ってもその原因はいくつかあり、間違った対策をしてもあまり効果は期待できません。臭いの原因別に適切な対策をとるようにしましょう。
 

生活習慣を改善すると「加齢臭」は和らぐ

【引用元:ぱくたそ】

40代以降に急増すると言われる「加齢臭」。その原因は活性酸素と言われており、対策のポイントは「いかに活性酸素を抑えるか」になります。以下のような対策をとり、活性酸素と体臭を抑えましょう。
 
・タバコとアルコールを控える
・精神的なストレスを溜めこまない
・運動の習慣を身につける
・抗酸化作用のある食べ物を食べる(玄米、白身魚、かぼちゃ、ほうれん草、柑橘類、海藻類など)
・体臭を発生させやすい食べ物の摂取を控えめにする(肉類、にんにく料理など)
 

「汗の臭い」は日頃の運動で予防する

【引用元:ぱくたそ】

夏場では汗は仕方の無いものとはいえ、ある程度予防することが可能です。実は汗自体には臭いはほとんどなく、汗と皮膚や汗腺(汗の出口)に溜まった汚れが混ざることによって臭いを発生するのです。日頃から運動習慣の無い人はそれだけ汗腺に汚れが溜まりやすいため、運動習慣のある人に比べてネバネバとした汗をかきやすく、体臭がキツくなってしまいます。以下の対策を打ち、臭いを最小限に留めましょう。
 
・運動習慣を身につけ、汗腺に汚れが溜まらないようにする
・運動の時間がなければ入浴中は浴槽にしっかりつかり汗を出す
・ワキガなどの場合は簡易手術を行い対策をとる
・デオドラント剤の使用
 

もしかしたら「病気」の可能性も

【引用元:ぱくたそ】

生活習慣を改善し、運動をするようにしても一向に体臭の和らぐ気配がなければ、その原因はもしかしたら「病気」かもしれません。以下の病気や状態は体臭を発生しやすいとされています。これらの体臭の改善には原因となる病気の治療が必要です。セルフチェックをでは分からないことも多いため、もし心当たりのある人は医療機関を早期に受診するようにしましょう。
 
・糖尿病(甘酸っぱい臭い)
・腎機能の低下、疲労の蓄積(アンモニア臭)
・便秘(便の臭い)
・脂漏性皮膚炎(皮脂の臭い)
 
 
ほとんどの体臭は、タバコとアルコールを避け、運動をし、食生活に気をつけながらデオドラント剤を併用することで抑えることが可能です。ただ、中には通常の対策では効果の出ない、病気が原因のケースもあります。自身の臭いのタイプを見極め、適切な対策をとるようにしましょう。

前後の記事

記事一覧へ

CONTACT

  • TOKYO
    TEL: 03-5511-1881
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 03-5511-1884
  • OSAKA
    TEL: 06-4704-8705
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 06-4704-8707
ご相談・お問い合わせ