1. Home
  2. オフィスのお役立ち情報
  3. 移転した際のお祝い返し、一体どうしたらいいの?
移転した際のお祝い返し、一体どうしたらいいの?

オフィスのお役立ち情報

移転した際のお祝い返し、一体どうしたらいいの?

移転した際のお祝い返し、一体どうしたらいいの?

会社や事務所、店舗などオフィスを移転した際、親しい取引先などから移転のお祝いをもらうことがあると思います。その場合、お祝い返しにどのようなものを贈ればいいのでしょうか。
開店・開業、移転などのお祝いに観葉植物やお花、ギフトカタログなどをもらうことが多い一方で、そのお返しにはなにを贈ればいいのか悩むことはないでしょうか。
では、実際に企業はどのようなお祝い返しをしているのか、お祝い返しを贈る時期、方法、品物などお祝い返しの現状について紹介します。

一般的にお祝い返しは必要なの?

【引用元:写真AC】
【引用元:写真AC】

結婚祝いや出産祝いなどのように、お祝いごとに対し贈り物をする習慣は社会にも存在します。取引先などの移転に対してもお祝いを贈ることは少なくありません。その場合によく選ばれるのが、植物やカタログギフトなどです。しかし、そのお祝いに対し、企業はどのようなお返しをするのでしょうか。実は、基本的にはお祝い返しに義務はありません。しかし、長い付き合いや今後の関係性のためにお返しをしたいと考える場合も多いのではないでしょうか。
まず、オフィスの移転に対するお祝いの相場は、重要な取引先で30,000~50,000円、通常のお祝いで10,000~20,000円と言われています。移転時や移転後に招かれた場合は持参し、直接手渡しをする場合が多く、郵送で贈る場合にはメッセージを添えて贈ることがほとんどです。移転したオフィスやその企業にふさわしいものを選んで贈ることが大切です。
その一方でその贈り物に対するお祝い返しは、基本的にお祝いにもらったものの半返しがお祝い返しの相場と言われています。企業ごとにお祝い返しを考えて贈るのは大変なので、お祝い返しの金額ごとにある程度の目星をつけておくことがおすすめです。上記の移転に対するお祝いの相場から考えると、重要な取引先で15,000~25,000円、通常の取引先で5,000円~10,000円のお祝い返しが必要になります。その金額に合わせたお祝い返しを準備しておきましょう。

お祝い返しの時期や相場、渡し方について

【引用元:写真AC】
【引用元:写真AC】

移転に対するお祝いは、移転時や移転後に贈られることが多いですが、お祝い返しもお祝いを受けてからなるべく早く返すのが理想です。一般的には、お祝いを受けてから1週間を目処にお祝い返しをするといいと言われていて、遅くても1ヵ月以内にはお祝い返しが届くように手配しましょう。
お祝い返しの相場は、上記のようにもらったものの半返しが基本となるため、それぞれの取引先等が選んだものに対し、相場が異なります。金額の相場だけでなく、贈られた企業に気を遣わせないようなもので気軽に贈れるものが人気を集めています。企業の従業員で分けられるようなお菓子の詰め合わせや実用的に使えるちょっとしたオフィスグッズなどが無難だと考えられています。
また、贈り物の包み方は%

前後の記事

記事一覧へ

CONTACT

  • TOKYO
    TEL: 03-5511-1881
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 03-5511-1884
  • OSAKA
    TEL: 06-4704-8705
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 06-4704-8707
ご相談・お問い合わせ