1. Home
  2. オフィスのお役立ち情報
  3. エントランスデザインは会社の顔!最新のデザイン事例
エントランスデザインは会社の顔!最新のデザイン事例

オフィスのお役立ち情報

エントランスデザインは会社の顔!最新のデザイン事例

エントランスデザインは会社の顔!最新のデザイン事例

オフィスのエントランス部分と言えば、従業員を始めとして取引先のお客様やその他外部からの来訪者など、実に多くの人が一度は通るエリアです。しかしながら「そこは単なる入口、特に気を配る必要が無い」と侮るなかれ。スタイリッシュなエントランスのデザインを作り出すことは、その会社の業績をアップさせる結果につながりうる、と言っても決して過言ではないのです。今回はその理由を様々な角度から分析するとともに、最新のエントランスデザインの事例を紹介していきます。

エントランスデザインが大切な理由を考える

【引用元:GAHAG】
【引用元:GAHAG】

近年のオフィスにおいて、エントランスのデザインを考え出すことの重要性はますます高まりつつあります。経済競争が激しさを増す中、最も人目につきやすいエントランス部分は端的にその企業の「個性」を表現でき、従業員のモチベーションアップやスムーズな商談の成立を助けることにもつながるからです。具体的には「インナーブランディング効果」と「アウターブランディング効果」という言葉に集約されます。以下に考察していきましょう。
インナーブランディング効果は、オフィス内で働いている従業員が対象となります。エントランス部分は多くの従業員が毎日通るところであり、普段はあまり意識しない場合も多いでしょう。しかし、そこがデザイン性に富んだ場所であったとしたらどうでしょうか。特に意識はせずとも、自然と仕事に対するモチベーションが上がる可能性も高くなります。生産性も上がるようになり、結果的に企業の利益にもつながっていくのです。また、具体的に言葉にはせずとも、個性あるエントランスのデザインは企業が従業員一人一人にそのコンセプトを伝えることにもつながり、一体感を生み出す要因にもなります。
そして一つ注意しておきたいことは、エントランスと従業員が働くであろう業務室のデザインに関する「ギャップ」です。エントランスがどれだけ素晴らしくても、業務室に入った途端無機質な部屋に変わってしまったら、逆に従業員のテンションも下がってしまいます。エントランスと業務室のデザインのバランスもきちんととるようにしましょう。
次に、アウターブランディング効果について考えていきます。外部から来るお客さんや来訪者にとって、エントランス部分は企業の「顔」となります。その顔が個性的であればあるほど、お客さんたちにそのイメージを植え付け、商談を成立させることへの価値を見出してくれることでしょう。新卒予定の学生など、リクルーターたちにとっても個性あるエントランスを体験することは「ここの企業で働きたい」という動機付けになり応募が殺到し、優秀な人材が集まりやすくなるという利点もあります。
以上みてきたように、企業がエントランスに関して個性的なデザインを作り出すことは、従業員やお客様に対して有用な効果を生み出すのです。

エントランスデザイン考案の際のポイント

【引用元:GAHAG】
【引用元:GAHAG】

それでは具体的に、どのようなデザインをオフィスのエントランス部分に取り入れれば良いのかを考えていきましょう。
前段でもあげたように、エントランスは企業の顔となる部分なので、可能な限り「個性」が分かりやすい形で現れるようにしなければなりません。言い換えれば、企業の情報を発信するのが良い活用方法です。一番分かりやすい例は、企業のロゴをかたどったマークを壁に取り付けるというものでしょう。押しつけがましくならない程度に大きくデザインされたロゴを目立った位置に取り付け、さらにそれを照明でライトアップするなどの工夫があれば、一目で企業の個性が見てとれます。
その他にも、企業のイメージカラーをエントランスの床や壁の部分にさりげなく取り入れてみたり、さらには企業の基本的な取り組み、経営方針などが書かれたディスプレイなどを置くことも工夫されたエントランスデザインのひとつとなります。
また、その企業が主力として販売している商品やサービスを棚などに陳列しておくことによってPR効果が生まれ、お客様に対する大きなアピールにもなります。様々な手法によって、企業の顔たるエントランスを個性豊かにできます。
そして近年においては、企業を訪れたお客様を気持ちよく案内するために、エントランス部分にタッチパネルを利用した案内システムを導入している企業も増えています。この場合、タッチパネルに抵抗を示すお客様もいないとは限らないので、そばにわかりやすい説明書きを添えておくのが良いでしょう。
以上のように、企業の顔となるエントランス部分には、デザインに関して色々と工夫できる余地があるといえます。せっかくのアピールの場を逃さないようにしていきましょう。

個性的なオフィスのエントランスを紹介

【引用元:株式会社MACオフィス】
【引用元:株式会社MACオフィス】

それでは、近年において企業はどのような個性的なエントランスデザインを考案しているのか、次に見ていきます。
お風呂や洗面台、キッチン向けの水栓金具を取り扱う会社であるハンスグローエジャパンでは、エントランス部分を開放的な空間にし、窓から外まで見えるようなデザインを作り上げました。また、水栓金具が所狭しとディスプレイに飾られており、商品のアピールともなるポスターも効果的に壁に貼り付けています。まさに企業の主力商品を積極的にアピールする形となっており、一歩社内に入った瞬間から来訪者への強烈な印象付けに成功しているデザインでしょう。
クラウド事業を手掛けるテラスカイは「人と人との信頼関係の構築」をコンセプトに、エントランス部分にも工夫を凝らしています。「ワクワク感をもたらしてくれるエントランス」を目指し、ホテルのロビーを思わせるような材質の壁紙を採用。大理石を使用し重厚感を持ったカウンター部分は横長のデザインとなっています。さらに床には柔らかい質感のカーペットを使用することにより、来訪者の脚に優しい仕様としました。これらの気配りが、来社した瞬間に期待感、そして信頼感を持たせてくれる企業イメージを作り上げています。
いかがでしたか。企業のオフィスデザインはエントランス部分も重点的に考えることによって、従業員や外からの来訪者に様々な効果をもたらします。「企業のアピールの場」の一つととらえて、積極的に新しいデザインに着手してみましょう。
最新のオフィスデザイン事例をチェック! 【株式会社MACオフィス】   

前後の記事

記事一覧へ

CONTACT

  • TOKYO
    TEL: 03-5511-1881
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 03-5511-1884
  • OSAKA
    TEL: 06-4704-8705
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 06-4704-8707
ご相談・お問い合わせ