1. HOME
  2. お客様の声
  3. 株式会社石垣 様
株式会社石垣 様

お客様の声

株式会社石垣 様

株式会社石垣 様

  • 株式会社石垣 様 社内写真
  • 株式会社石垣 様 社内写真
  • 株式会社石垣 様 社内写真
1.オフィスの移転を検討しようと考えたきっかけはなんですか?
当社は15年間、本社のオフィス移転を行った事がありません。周囲のビル賃料は年々値上がりしている状況でしたので当社も更新時には賃料の値上げは避けられない事だと感じておりました。
更新時期よりも1年ほど前のタイミングで不動産仲介さんが営業で当社に来られました。
普段、いただいた資料を拝見するだけでそれ以上に話が進む事は少ないのですが、周囲のビル賃料も値上がっている事から他のビル情報調査の必要性も感じており、お話を伺う事にしたのです。
2.以前のオフィスではどのような事で悩まれていましたか?
以前入居していたビルは、法的な耐震基準は満たしていたものの歴史のあるビルであり、社内では度々不安視される声が上がっていました。2016年4月に起こった熊本地震がきっかけとなり社内でBCP対策議論が活発化しました。
また、各部門間には仕切があったり別フロアだったりと一緒に働いている感じがあまりしませんでした。アシスタントや事務員だけが部門間を横断してコミュニケーションがとれている状況だったのです。
3.弊社のご提案内容及び対応はいかがでしたでしょうか?
当社の要望を受けて、その通りに修正して頂くだけでは満足度はそこまで高くありません。私たちは移転業務に詳しくありません。ですから「何ができて何ができないのか」「なにが適切なのか」わからない状態で要望をぶつけているのです。故に私たち以上に当社の事を考えていただけていないと、私たちの要望に対して「NO」という回答は容易に受諾できません。その点では「これはNOですが、これはOKです」や「少し期日が詰まっているので早めに決めていきましょう」のように納得性が高く、適切に成功に導いていただける正確さとレスポンスの早さがありました。
4.結果、その問題はどう解消されましたか?
全部門をワンフロアに集約する事で、自然と会話が生まれコラボレーションのきっかけになり、以前に比べて全体的に風通しが格段に良くなったという声が耳に入ってくるようになりました。また、適正なスペースをご提案頂き、思い切って一部フリーアドレスを採用しました。今までフルタイムではない者の席が空いていたり、外出が多い営業社員の席だったりを機能別に配置した事でうまく流れているなと感じています。
利用頻度が少なかったキャビネットスペースは70%も改善しました。そのようなデッドスペースを開放する事で一人あたりの専有面積は狭くなりましたが、ストレスを感じる事無く業務にあたれています。
5.もしWEOコンサルティングサービスを活用していなかったら?
今も移転前のビルにいたと思います。私たちには<移転>という顕在化したニーズがなかったわけですから。そこでコストシミュレーションやメリット、もちろんながらデメリットもしっかりと話していただいたMACオフィスさんには感謝しきれません。オフィスが1フロアに集約されただけでも社内コミュニケーションが目に見えて活性化されているので、これからどう変化が現れるのか個人的にもすごくワクワクしています。
6.悩まれている企業担当者へ一言
移転プロジェクトリーダーを務めてみての感想を一言でいうと「すごく大変」です。
普段の通常業務に加えて、移転の事を決めていかなければなりません。タスク数は60項目にもなりました。未経験が故、わからない事がわからない状態にあったのですが、1つ1つ丁寧にタスク内容を明示していただけたので、その点で迷ったり混乱したりという事はありませんでした。また、当社よりも当社の歴史や企業理念を理解していただいており、予算感も提示された価格と当社の想定していた価格と大差がなかったので価値観を早い段階で共有できていた事がMACオフィスさんのおっしゃる「お客様に寄り添うパートナー」なんだと実感する事ができたからです。

URL : http://www.ishigaki.co.jp/

お客様の声一覧へ

CONTACT

  • TOKYO
    TEL: 03-5511-1881
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 03-5511-1884
  • OSAKA
    TEL: 06-4704-8705
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 06-4704-8707
ご相談・お問い合わせ