1. Home
  2. オフィスのお役立ち情報
  3. 今、企業に必要な能力「eリーダーシップ」って何?
今、企業に必要な能力「eリーダーシップ」って何?

オフィスのお役立ち情報

今、企業に必要な能力「eリーダーシップ」って何?

今、企業に必要な能力「eリーダーシップ」って何?

昨今の情報技術の発展に伴い、「ICT」という言葉が聞かれるようになりました。「ICT」は、Information and Communication Technology(インフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジー)を略したもので、既に一般に浸透したITの概念を更に掘り下げ、コミュニケーション性を強調した技術を指します。これに伴って、企業ではeリーダーと言われるスキルが必要になってきています。ではそのスキルとはどのようなものか見ていきましょう。

eリーダーとは何か、求められるスキルは何か

【引用元:写真AC】
【引用元:写真AC】

そもそもeリーダーとはどのようなものかを見ていきます。
eリーダーとは、経営戦略の視点からプロジェクトを組織的にけん引するスキルと、ICTについての知識と実務経験を持つ人材のことです。欧米ではグローバル化やデジタル化を想定して、新たなビジネスを作り出したり、今あるビジネスをより将来を見越したものに変えていくための役割を担うポジションとしてeリーダーが推奨されています。
何故eリーダーの必要性が推奨されているかというと、現在インターネットを通じて行われているオペレーションは膨大な数となり、企業側の知識がビジネスの上で必要な最新のデジタル技術に追い付いていない現状があるためです。企業の業績を向上させるために、よりコミュニケーション性が進んだICT(情報通信技術)を利活用したイノベーションと、生産性を向上させるためのリーダーシップが求められています。このeリーダーシップの能力は多くの企業に必要とされ始めている中、現状の経営者のスキルとしてICTに関わる知識、また最新のビジネスに関わる知識や経験が不足している状況となっています。特に比較的フットワークが軽く、フレキシブルに対応出来る中小企業には、eリーダーの存在は大変意義深いものであると言えます。
eリーダーとして必須とされるスキルには3つの要素があり、これらのスキルが求められています。
・Strategic Leadership (戦略的リーダーシップ)
・Digital savvy (デジタルについての知識や経験)
・Business savvy (ビジネスについての知識や経験)
これは欧州委員会が発行している『e-Leadership Skills for Small and Medium Sized Enterprises – Final Report』で紹介されています。
現状ではICTにおける人材不足が加速している中で、中小企業の経営者にも求められるスキルとなっており、その育成が急がれています。将来的な企業の業績向上の布石として必要なこの3つのスキルについて説明していきます。

デジタル、ビジネスについての知識や経験

【引用元:写真AC】
【引用元:写真AC】

まず一つ目に、eリーダーはICTに関して、常に変化していく通信分野の動向に対しても高いアンテナを持っている必要があります。現状のIT技術でいち早くプロダクトをリリースすることにばかりフォーカスしてしまうと、かえって非効率になることも考えられます。
例えば、最近の新しい技術としてSMAC(Social service、Mobile、Analytics、Cloud)という技術が用語として話題に上るだけではなく、実際のビジネスにいかに役立てることが出来るかを考えていく必要があります。特にCloudに関しては世界水準となりつつあり、業務の効率化や製品拡販に貢献しています。こうした技術を活かしたビジネス展開をしていければ、業務の効率は格段に上がり、様々な企業のプロダクトのリリースをスムーズに行うことが出来るようになります。スタートの時点で新しい技術を便利な道具として取り入れるという下準備がしっかりと出来ていれば、その後の作業が非常にしやすくなり、リリースまでの時間が短縮出来る可能性もあるということです。
二つ目には、言うまでもなくビジネスの知識や経験が必須であるということです。現状のビジネスがどのような状況にあるのか、新しくビジネスに発展するニーズはないかなど、確実なマーケティングによるビジネスの分析能力が求められます。また、ビジネスを進める上でプロジェクトの管理能力が問われ、企業の将来的な業績を見越した事業やビジネスモデルを革新するのに必要なスキルとなります。
そしてeリーダーは、必ずしもIT業界の出身である必要はなく、多岐に渡る分野の専門家をまとめることに長けたビジネスマンが半数を占めています。

戦略的リーダーシップ

【引用元:写真AC】
【引用元:写真AC】

そして三つ目には、戦略的リーダーシップの資質があげられます。新たなビジネスを展開しようと考える時に、様々な分野の専門家を巻き込んでプロジェクトを進めていく推進力が必要となります。デジタル技術のイノベーションと、ビジネスモデルのイノベーションを的確に見込んだ戦略を構築していくことにより、企業の経営者とともにスピード感と対応力を持ってプロジェクトを進めていかなくてはなりません。
そのためには、プロジェクトのリーダーとしての資質が求められます。その企業の経営方針や業績を考える時に、徹底したマーケティングによって顕在化していないニーズを探り出し、ICTを活用した積極的なアプローチを発案し、成功モデルのない状況下で、いかにビジネスモデルとして確立していけるか、それを企業の一プロジェクトとして結果を出せるかどうかが問われます。
また、現状のビジネスの中でもいかにICTを活かして効率アップしていけるのか、業務形態のイノベーションを図ることも重要なスキルとなります。そのためには経営者に対しても反対意見を述べられるだけのメンタリティも必要となってきます。経営に関しての知識とリーダーとしての基本的な資質が求められているのです。
eリーダーには、前述したデジタルに関する知識と経験、ビジネスに関する知識と経験の両方を兼ね備えたリーダーのスキルが必要であると言えます。
このようにeリーダーを置き、ビジネスにデジタル技術を的確に取り入れて、企業の業績向上や効率化を図ることが必要となってきています。この3つのスキルを持つeリーダーシップの育成が急がれており、大学や従来のビジネススクールなどの教育機関だけではなく、ムーク(MOOC – Massive Open Online Course 「大規模公開オンライン講座」)や、教室型の短期研修とオンライン学習を組み合わせた方法で知識を取り入れるといった方法がなされています。

前後の記事

記事一覧へ

CONTACT

  • TOKYO
    TEL: 03-5511-1881
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 03-5511-1884
  • OSAKA
    TEL: 06-4704-8705
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 06-4704-8707
ご相談・お問い合わせ