1. Home
  2. オフィスのお役立ち情報
  3. 取り入れたい!東京ならではのオフィスデザイン
取り入れたい!東京ならではのオフィスデザイン

オフィスのお役立ち情報

取り入れたい!東京ならではのオフィスデザイン

取り入れたい!東京ならではのオフィスデザイン

近年、企業のオフィスデザインに対する関心度が高まってきています。オフィスデザインは、多くが企業そのものを表したものです。どのオフィスもそれぞれの企業らしさを持っていますが、実はその中でもトレンドが存在します。
では、どのようなオフィスデザインが流行っているのでしょうか。ここでは、東京ならではのオフィスデザインを紹介したいと思います。

オフィスデザインのトレンドはこれ!

【引用元:写真AC】
【引用元:写真AC】

従業員の満足度の向上や働きやすさなどの観点からオフィスデザインは注目を集めています。オフィスは、社会人が1日の大半を過ごす場所です。そのため、仕事をするだけの場所だったオフィスは、より仕事と向き合いやすい環境や居心地の良さを求められています。環境を改善するためにはオフィスデザインが必要不可欠です。では、どのようなオフィスが人気なのでしょうか。
現在のオフィスデザインには、殺風景な事務所が減少し、企業らしさのほかにトレンドを取り入れる傾向があります。
最近のオフィスづくりのポイントとして、
・オープンオフィスの取り入れ
・リフレッシュスペースの充実
・自然と緑の取り入れ
があげられています。
従来のオフィスは、個人の作業効率や仕事の質を重視することが多く、パーテーションなどで仕切られた空間で仕事をしていました。しかし、最近では壁をつくらないオープンスタイルがトレンド化しています。のびのびとした環境と従業員同士のコミュニケーションを重視した結果です。しかし、オープンオフィスでは、常に人と同じ空間の中で仕事をしているため、周囲へ気が散り、強いストレスを生むことにつながると言われています。確かに業種や企業によっては、コミュニケーションよりも個人の作業効率や生産性を重視する場合があります。その場合は、オフィスの中にオープンすべきエリアとプライバシーを保つべきエリアのメリハリをつくることが必要だと考えられています。
また、休憩室などのリフレッシュスペースをより充実したものにすることで、仕事と休憩のメリハリをつくることが実現できます。さらにインテリアや設備に遊び心を持たせることで、従業員のモチベーションをあげることができるのです。

東京ならではのオフィスデザインとは

【引用元:写真AC】
【引用元:写真AC】

多くのオフィスデザインは企業らしさが反映されていますが、東京のオフィスには東京らしいオフィスデザインがあります。高いビルが立ち並び、ひとつのビルにいくつもの企業が入っている東京のオフィスにはどのような特徴があるのでしょうか。
まず、東京のオフィスではパーテーションの代わりとして観葉植物を取り入れることが多いです。トレンドの中にも自然や緑を取り入れるとありますが、特に緑が少ない東京のオフィス街ではオフィス内に緑を取り入れることで無機質なオフィスビルに温かさを持たせることができます。
エントランスや待合室などお客様の目に触れるところはもちろんですが、従業員の仕事の合間の癒しやリフレッシュのためでもあります。大きな観葉植物だけでなく、オフィスの広さなどからデスクや棚などに飾る企業も少なくありません。手間がかからないパキラやデザイン性を重視したグラジエラエなどが人気です。
企業らしさを重視した点では、渋谷区恵比寿にオフィスを構えるクックパッド株式会社を例にあげます。
クックパッド株式会社は、タブレットなどを通じて簡単に料理のレシピを検索できるクックパッドを運営している、主婦の強い味方です。そんなクックパッド株式会社には、明るい陽射しが差し込むキッチンがあり、社員はランチタイムに料理をすることができます。実際にレシピ通りにつくることで使いやすさやおいしさを試しています。また、ひとりひとりが集中しやすいようにデスクは広々としていて、PCを持ち運び好きなところで仕事ができるのも大きな特徴です。
このように企業らしさを全面に表現しつつ、社員ひとりひとりの働きやすさやワークスタイルを考慮しているところが大きなポイントになっていると考えられます。

オフィスデザインに必要なものとは

【引用元:写真AC】
【引用元:写真AC】

企業はそれぞれの企業カルチャーを基にオフィスをデザインしています。では、オフィスデザインに必要なものはなんでしょうか。
まずは、働きやすいレイアウトを考えることが必要です。いくらオフィスがおしゃれでデザイン性が高くても働きやすさや使いやすさが考慮されていなければ従業員が楽しく働くことができません。その結果として、仕事の効率性や生産性を低下させることとなります。オフィスは企業にとってはもちろん、従業員にとっても大切なものです。そのためには、働く人にとって快適であり、ストレスのないものにしなければなりません。
働きやすい環境をつくることを前提としながら、オフィスに対するこだわりや個性を取り入れていきましょう。参考にするオフィスがあったとしても、全く同じデザインでオフィスをつくることはあり得ません。働く人も仕事内容も企業によって異なるからです。同じようなオフィスにしたからと言って同じ業績になるとも限りません。個人の仕事を重視するオフィス、チームでひとつの仕事を行うオフィスでは求められるオフィスデザインが全く違うのです。そのためにも、企業自体が、企業にとって必要なポイントを理解することが必要です。
企業によってはオフィスデザインを大きく変更することが難しい場合があります。そんなときにおすすめなのが、テイストや照明の演出です。例えば、温かみのある落ち着いたモダンな雰囲気や明るく開放的でカジュアルな雰囲気のオフィスなど、照明や配色を変更することで、デスクなど大きなレイアウトの変更をしなくても手軽にオフィスの雰囲気を変えることができます。
オフィスデザインは東京に限らず、どの企業においても大切なものになっています。企業は、多くの従業員や顧客などたくさんの人と人とが集まって成り立っています。そのため、オフィスは人のためになければならないのです。オフィスで働く従業員が快適に仕事ができるように、訪ねてきたお客様や他社の社員が嫌悪感を持たないように空間をレイアウトしなければなりません。
専門的なオフィスデザインがわからない場合は、デザイナーや業者などと一緒に働きやすいオフィスをつくっていきましょう。オフィスデザインを見直すことが企業の質や、従業員のモチベーションを向上させることにつながるかもしれません。

前後の記事

記事一覧へ

CONTACT

  • TOKYO
    TEL: 03-5511-1881
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 03-5511-1884
  • OSAKA
    TEL: 06-4704-8705
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 06-4704-8707
ご相談・お問い合わせ