1. Home
  2. オフィスのお役立ち情報
  3. 実際に見てみたい!おしゃれなオフィスデザイン実例
実際に見てみたい!おしゃれなオフィスデザイン実例

オフィスのお役立ち情報

実際に見てみたい!おしゃれなオフィスデザイン実例

実際に見てみたい!おしゃれなオフィスデザイン実例

おしゃれなオフィスは、企業のイメージを反映させ、印象を左右することができるだけでなく、社員のモチベーションを上げ、業務の効率を上げることにつながります。
おしゃれなオフィスは、小さな工夫ひとつからでも作ることができます。では、企業はどのようにおしゃれなオフィスを作っているのでしょうか。他企業や人々から「真似したい」、「見てみたい」と思われるオフィスデザインを見てみましょう。

統一性のあるコンセプトを持つオフィス

【引用元:写真AC】
【引用元:写真AC】

オフィスは、社員が1日の大半を過ごす空間です。そのため、企業にとって理想のオフィスデザインであると同時に社員にとっても働きやすく、過ごしやすい空間である必要があります。オフィスデザインは家のインテリア同様、それぞれの企業がこだわりを持って作り出すものになりました。だからと言ってトレンドや流行だけを追い求めるのではなく、「こんなオフィスを作りたい」、「社員が働きやすい環境にしたい」などの理想とともに統一されたオフィスデザインコンセプトが必要になります。
おしゃれなオフィスにするには、全体のバランスがとても大切です。そのため、流行やトレンドに合わせ、多様なオフィス什器やインテリアを導入してもバラついた印象になってしまいます。企業の特色や理想を活かした具体的なコンセプトを持ち、バラついた印象をなくしていきましょう。
オフィスの設計デザイン・内装工事・設備工事を行う株式会社MACオフィスでは、初めにオフィスの現状を把握し、問題点を調査します。そのうえで企業の要望をより明確にし、満足度の高いオフィスを作っていくのです。 例えば、大阪市にある歯車設計製造業の企業では、「オフィス全体に木の温かみを取り入れたい」という要望からログハウスとオフィスの融合という形でオフィスデザインを作りました。オフィス什器を木を基調としたもので揃えることを始め、全体の印象を統一させることを心がけていきました。 オフィスの全てを作り変えるわけではなく、必要な箇所の変更や、オフィス什器の選定をすることでオフィス全体のバランスを整えることができるのです。
【施工事例:株式会社MACオフィス・オフィスプランニング丸池】

空間を活用した働きやすいオフィス

【引用元:写真AC】
【引用元:写真AC】

オフィスデザインは、オフィス空間という決められた広さや条件の中で、できる限りのレイアウトを考えていくものです。そのため、オフィスの空間をいかに利用し、活用するかがポイントになるのです。企業にとって業務に必要なスペースの確保、スペースの配置や割合など、オフィス空間の形や広さに合わせて構成していかなければなりません。そのため、おしゃれなオフィスデザインには空間のゾーニングが大切なポイントになります。
企業がオフィスを選ぶ一般的な条件として、立地や家賃、社員数や業務内容などがあげられます。その中でオフィスの広さや形については二の次になっていることが多くあります。そのため、オフィスデザインを基にオフィス空間を決めるのではなく、オフィス空間に合わせたオフィスデザインを作ることが必要になるというわけです。
「空間を活かしたオフィスデザインを作成する」と言ってもなかなかできるものではありません。では、おしゃれなオフィスデザインを実現させるために必要なこととはなんでしょうか。
オフィスデザインを作成するためには、デザインを専門に行う業者に協力を求めるのが一番です。オフィスデザインの根本は社員が働きやすい動線を作り、なおかつ企業イメージに合ったものであることなので、オフィス空間を最大限に活かすための客観的な視点が必要になります。
株式会社MACオフィスの事例として、大阪市にあるオール電化の販売を行う企業では、社員の増員に伴うオフィスの拡大と企業イメージに合った斬新さとおもしろさを兼ね備えたオフィスデザインを要望されました。しかし、そのビルの規定により、天井設備の改修ができず、照明機器や造作壁の提案ができない状態でした。しかし、柱や壁面の装飾やいくつかのパーテーションを駆使することで他では見ない色使いと企業イメージにマッチしたオフィス空間を作り上げました。
おしゃれなオフィスを作るには、このように企業の要望とともにオフィスビルやオフィスの条件に合わせ、空間を活かしたオフィスデザインが必要になります。
【施工事例:株式会社MACオフィス・オフィスプランニング丸池】 

おしゃれなオフィスデザインを作成するには

【引用元:写真AC】
【引用元:写真AC】

オフィスデザインの変更は、オフィスを新しく作るだけでなく、現状のオフィスを基にすることも可能です。すべての企業が大規模なオフィス改修を行うことは難しいものです。では、小さな変化として、おしゃれなオフィスを作るポイントはどこにあるのでしょうか。そのポイントは大きく分けて6つあります。
1.ニュートラルなカラー
極端な配色を避け、中立的な色をベースにしてアクセントカラーを使用することによって、メリハリのあるオフィスにすることができます。また、木や金属などの素材感を足すことでラグジュアリーな雰囲気を出すことも可能です。
2.観葉植物
オフィスに観葉植物を置くことは見た目を良くすることにもつながりますが、無機質なパーテーションのみを使用するよりも観葉植物で空間を区切れば、開放的な雰囲気を保つこともできます。オフィスの印象を明るくするワンポイントとしておすすめです。
3.照明機器
照明は、白色や暖色の色味だけでなく、調光を付けることで雰囲気が大きく変わります。照明機器を変更するだけなので手軽に実行できます。
4.壁紙・床材
視覚的にオフィス空間の広さや圧迫感を大きく変化させるのが、壁と床です。つまり壁材や床材を変えることは、オフィスの雰囲気を大きく変えることになります。DIYが流行している現在では壁材や床材も種類が多く、変更も容易になっています。
5.家庭用インテリア
オフィス用の什器やインテリアは事務的なものが多く、大きな種類の変化がありません。そこで種類も豊富な家庭用のインテリアを使用すると、オフィス用のインテリアと比べてリーズナブルなものが多く、多彩なので簡単におしゃれなオフィスを演出できます。
6.リフレッシュスペースの充実
おしゃれなオフィスの代名詞と言えば、リフレッシュスペースです。社員の集中力やオンオフの切り替えのため、リフレッシュスペースに力を入れる企業が増えています。社内のコミュニケーションを図る場として配置しましょう。
企業には、それぞれの特徴や個性があります。人々がおしゃれだと感じるオフィスにもさまざまな個性があります。おしゃれなオフィスの真似をしているからおしゃれなオフィスになるのではなく、企業それぞれの個性やコンセプトを基に企業がオフィスを成長させて作り上げることでおしゃれなオフィスになるのです。
企業の特徴とオフィス空間の特徴を活かしながら、企業や社員にとって働きやすい環境を作ることがオフィスデザインの大切な役割になります。背伸びをしすぎないおしゃれなオフィスデザインを心がけましょう。

前後の記事

記事一覧へ

CONTACT

  • TOKYO
    TEL: 03-5511-1881
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 03-5511-1884
  • OSAKA
    TEL: 06-4704-8705
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 06-4704-8707
ご相談・お問い合わせ