1. Home
  2. オフィスのお役立ち情報
  3. 最新のオフィスレイアウトが知りたい!人気レイアウトと実例集
最新のオフィスレイアウトが知りたい!人気レイアウトと実例集

オフィスのお役立ち情報

最新のオフィスレイアウトが知りたい!人気レイアウトと実例集

最新のオフィスレイアウトが知りたい!人気レイアウトと実例集

企業がオフィスデザインの見直しや働く環境の見直しを行なう中で、どのようなオフィスレイアウトが人気を集めているのでしょうか。企業の作業スペースという枠を超え、オフィスは従業員が1日の大半を過ごす空間という認識が高くなっています。従業員の作業効率はもちろん、過ごしやすさ・動きやすさ・リフレッシュ空間にまで考えられたオフィスづくりが増えています。
では、最新のオフィスレイアウトとはどのようなものでしょうか。人気レイアウトの実例とともに特徴をまとめたいと思います。

人気を集めるオフィスレイアウトの特徴

【引用元:写真AC】
【引用元:写真AC】

オフィスデザインや働く環境を見直す動きが見られる社会では、どのようなオフィスレイアウトが人気を集めているのでしょうか。人気のオフィスレイアウトのポイントは大きく分けて4つあります。
1:企業の想い・こだわりが見える
「エントランスは企業の顔」と言われるように、企業にとってオフィスは企業自体の印象をつくるものになります。そのため、オフィスの中には、機能性だけでなく、企業独自の理念や方針を表すデザインが組み込まれています。それは、企業で働く従業員だけでなく、来社するお客様やクライアントに向けてのデザインでもあります。
2:コミュニケーションを重視した空間づくり
オフィスの中には、従業員同士がコミュニケーションを取れる空間が必要です。気軽な話ができるオープンディスカッションスペースや打ち合わせができるミーティングスペースなどは、防音性のあるパーテーションや観葉植物などである程度の仕切りをつくることで空間にメリハリをつけることができます。
3:リラックス&集中できる作業効率を高める空間
オフィスでの作業スペースと休憩などのリラックススペースにメリハリをつけることで従業員の気持ちにもメリハリをつけることができます。充実したリラックススペースをつくることで、オンオフの切り替えや休憩時の従業員のコミュニケーションにもつながります。リラックスと集中のバランスを取ることが作業の効率化につながるという考えです。
4:働き方をデザインする
オフィスデザインは、企業のオフィスのおしゃれ化ではなく、作業の効率化や機能性の充実を追求することが根本にあります。オフィスデザイン化が加速する背景は、見た目ではなく、オフィスの使いやすさ、働きやすさです。オフィスのデザイン性が高くても、「従業員のために」という姿勢がなければ良いオフィスデザインをつくることができません。

最新のオフィスレイアウト事例

【引用元:写真AC】
【引用元:写真AC】

株式会社MACオフィスのオフィス事例をもとに最新オフィスレイアウトのポイントを紹介します。
事例:1
医療関係用品を販売する企業の場合は、オフィスレイアウトにテーマを持っていました。「未来」「光」などいくつかのキーワードをもとに、それらを予感させる期待感やわくわく感を持つオフィスづくりを行いました。また、オフィス内にショールームをつくり、動線に回遊性を持たせ、来社するお客様やクライアントに自社商品を見てもらえるような工夫をしています。
事例:2
情報提供サービスを行なう企業ではオフィス感のない、家とオフィスの間のようなオフィスづくりを要望しました。家にいるかのようなリラックス感を持った雰囲気と会社らしいオフィスの良さを兼ね合わせることで、人と人、企業と企業のつながりを重視したメリハリを持つレイアウトになります。オフィス什器だけでなく家庭向けの家具を用いることで、雰囲気づくりだけでなく、コストも抑えてオフィスデザインをつくることができます。
事例:3
ソリューション事業と製品事業を行なう企業では、企業価値の向上だけでなく、社内エンゲージメントの向上をもとにオフィスを構築しています。従業員の満足度を高めることと従業員が安心して働くことができる環境づくりを行ないました。ここでは、人と人がコミュニケーションを取るミーティングスペースを大切にしています。各会議室に名前を付け、ひとつひとつにコンセプトを持たせ、オフィス什器や壁紙を変えました。フォーマルなエントランスとこだわりのミーティングスペース、リフレッシュスペースを持つことで、力を抜いて使用できるオフィスになっています。
オフィスレイアウトの最新事例はこちら  【株式会社MACオフィス】

理想のオフィスレイアウトに近づけるポイント

【引用元:写真AC】
【引用元:写真AC】

理想のオフィスレイアウトを考えるためには、企業が理想とするオフィスを具体的に理解することが重要です。そして、オフィスデザインやレイアウトを考えるためには、オフィスの現状や設備を知ることが必要になってきます。それに合わせて可能なものを提案し、オフィスデザインやレイアウトを完成させていきます。つまり、オフィスデザインやレイアウトのためには、まずコスト内で実現できるもので、オフィス空間内で使用できるものとできないものを知ることが大切なのです。
オフィスデザインは、企業の特色やこだわりを反映させることが多く、オフィス内の問題点を改善するために考えられることが多いものです。そのため、企業の要望とより良いオフィスとはなにかを具体化させることが必要になります。オフィスビルによって、工事の可能範囲が異なり、工事が可能でも退去時の原状回復工事が必要になる場合があるため、オフィスデザイン業者だけでなく、オフィスビルの管理者や管理会社にもしっかり確認を行ないながらオフィスデザインを考えましょう。
オフィスという、従業員が働く空間をつくりかえることは、働き方や働く環境に着目する現在ではとても重要です。そのため、理想を追い求めれば追い求めるほど、理想のオフィスを実現させるのは難しいかもしれません。しかし、従業員にとって、企業にとって、そして第三者にとってもオフィス空間を見直すことは必要です。理想のオフィスに近づけるためにも、今あるオフィスを改めて見直すことが大切です。オフィスについて気づいたことや気になる点はオフィスづくりの第一歩となり、企業が一丸となりつくるオフィスは、必ず理想のオフィスに繋がっているのです。
オフィスは仕事を行なうだけの場所ではありません。もちろん仕事をすることが大前提ではありますが、その中で人間関係や従業員ひとりひとりのリラクゼーション空間・プライバシーも求められています。これらを行なうことが作業の効率化にもつながり、従業員もオフィスへのストレスを減らすことにもなります。
最新のオフィスレイアウトを参考に、オフィスを企業らしい働きやすい空間へと変えていきましょう。

前後の記事

記事一覧へ

CONTACT

  • TOKYO
    TEL: 03-5511-1881
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 03-5511-1884
  • OSAKA
    TEL: 06-4704-8705
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 06-4704-8707
ご相談・お問い合わせ