1. Home
  2. オフィスのお役立ち情報
  3. 会社の引っ越しは「フリーレント」にするべき?そのメリットとデメリット
会社の引っ越しは「フリーレント」にするべき?そのメリットとデメリット

オフィスのお役立ち情報

会社の引っ越しは「フリーレント」にするべき?そのメリットとデメリット

会社の引っ越しは「フリーレント」にするべき?そのメリットとデメリット

フリーレントとは「入居後、一定期間の家賃が無料になるシステム」のことです。ここ数年でその認知度は高くなってきましたが、会社を引っ越す際にこのシステムを使うメリットやデメリットはどういった点にあるのでしょうか?
 

メリット①家賃の免除

https://www.pakutaso.com/20120717188post-1670.html
引用元:ぱくたそ

何と言ってもこれに尽きます。会社を引っ越しするときに何としても避けたいのが、移転前の物件と移転後の物件の「二重支払い(=家賃の重複)」です。フリーレントであれば、その心配は必要はありません。移転前の物件の解約予告が、数ヶ月前に設定されている場合などには、特に有効に作用することでしょう。また、月の中でも会社にお金に余裕のある時期やない時期が存在します。その時期を気にすることなく引っ越しの手続きを行えるのも、フリーレントの大きなメリットです。
 

デメリット①入居期間の「縛り」がある。

https://www.pakutaso.com/20150634169post-5646.html
引用元:ぱくたそ

こうしたフリーレントの物件は、ともすれば大変お得なように感じます。気に入るかどうかお試しで入居し、気に入らなければそのまま退去してしまう人が多発しそうなもの。しかし、そうはならない理由があるのです。それは、多くの物件が「短期間で中途解約する入居者に対して違約金を支払うよう義務付けている」からです。期間は半年、1年、2年と様々ですが、引っ越しを頻繁にする会社であれば、フリーレント物件は向いていないといえるでしょう。
 

デメリット②結果的に「割高」になる可能性も。

https://www.pakutaso.com/20151208343103.html
引用元:ぱくたそ

貸主や管理会社も、利益をが出ないのであればこうした取り組みは行いません。しっかりと利益が出ているからこそ継続出来ているのです。例えば、1年のうち2ヶ月が無料のフリーレント物件があったとします。その場合、貸主や管理会社は、残りの10ヶ月で家賃の採算を合わそうとするため、結果的に1年丸々家賃を払った状態と変わらない、もしくは割高になるケースすらあります。引っ越しの初期費用の面では、会社にとって確かにお得ですが、長い目で見てどうなのかも考えておく必要があるでしょう。
 
 
一見すると、借主側に非常にメリットの大きいフリーレントの物件。しかし、よくそのシステムを分析してみると、少なからずデメリットも見えてきます。メリットとデメリットの両方を理解した上で、システムを利用するかどうかを判断しましょう。また、フリーレントはオフィスコンサルティング会社が家賃の総額を抑えるために行う、やや特殊な交渉であることが多く、実際に引っ越しをする会社側の人間が交渉をすることはあまりないようです。
 

前後の記事

記事一覧へ

CONTACT

  • TOKYO
    TEL: 03-5511-1881
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 03-5511-1884
  • OSAKA
    TEL: 06-4704-8705
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 06-4704-8707
ご相談・お問い合わせ