1. Home
  2. オフィスのお役立ち情報
  3. ポイントを押さえて着こなそう!夏のクールビススタイル
ポイントを押さえて着こなそう!夏のクールビススタイル

オフィスのお役立ち情報

ポイントを押さえて着こなそう!夏のクールビススタイル

ポイントを押さえて着こなそう!夏のクールビススタイル

すっかり世間一般に浸透してきた「クールビズ」の概念。しかし、基本的なポイントを知らないまま「何となく」で服を選んでしまうと、後々後悔してしまうことも。夏に備えて、クールビズのポイントをご紹介します!
 

クールビスでは「色」が大事!

【引用元:無印良品】

クールビズでは、以下の服装が基本的なスタイルになります。
 
・ノーネクタイ
・半袖シャツ
・ノージャケット
 
そのため、特に夏場は普段より汗が目立ちやすい状況にあるのです。特に外回りなどをする人は、汗を大量にかいたことが分かる服装だと相手にあまり良い印象を与えられません。水色や薄いピンク、明るいグレーといった淡色のものは汗が目立ってしまうためなるべく控えましょう。黒やネイビー、白などのシャツとインナーはそこまで汗が目立たないのでおすすめです。
 

「小物」で周囲と差をつける!

【引用元:ユニクロ】

クールビズはある程度基本が決まっているため、どうしても似たような服装になってしまいがちです。ただ、あまりに個性的な服装だと会社からダメ出しをされかねません。そこでおすすめなのが、「ベルト」「靴」といった小物をうまく活用した着こなしです。ベルトは夏に合わせてメッシュレザーを使って涼し気な印象を演出したり、靴はそのベルトの色と合わせて小物で統一感を出したりすることができます。その他にも靴下で少し遊んでみるなど、着用するアイテム数が少ない夏ならではの着こなしを楽しみましょう。
 

サイズ感だけでなく「丈」にも意識を!

【引用元:ユニクロ】

クールビズで意識したいポイントの一つが「丈」です。ノージャケットが基本とされているクールビズですが、オフィシャルな場ではジャケットを着用した方が良いこともあるでしょう。そんなときは、7分丈のものなどを選ぶと夏らしい涼し気な着こなしができます。また、女性であればボトムスには普通のパンツスーツではなくクロップドパンツがおすすめです。このように、サイズ感や素材、カラーリングだけでなく「丈」を意識することで、さりげなく季節感を取り入れることができるでしょう。
 
 
夏だからただ単に軽装にすれば良いというわけではなく、相手からの見え方にも配慮が必要なクールビズ。自社の方針とTPOをわきまえることは必須です。そうした基本を押さえつつ、カラーや小物、丈を意識して着こなしを楽しみましょう。

前後の記事

記事一覧へ

CONTACT

  • TOKYO
    TEL: 03-5511-1881
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 03-5511-1884
  • OSAKA
    TEL: 06-4704-8705
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 06-4704-8707
ご相談・お問い合わせ