1. Home
  2. オフィスのお役立ち情報
  3. 【CASEInterview】理・美容室のフランチャイズ運営企業
【CASEInterview】理・美容室のフランチャイズ運営企業

オフィスのお役立ち情報

【CASEInterview】理・美容室のフランチャイズ運営企業

【CASEInterview】理・美容室のフランチャイズ運営企業

CASE.8 スタジオがあるオフィス

今回ご紹介するのは、東京や神奈川を中心に理・美容室を運営されているお客様です。2020年10月に、東京にある本部のご移転プロジェクトが完了しました。

ご移転のきっかけは「採用強化」にありました。

現在、約60店舗の運営をされており、毎年30~40名ほどの美容師の採用を行っていらっしゃいます。スタッフ全員がスタイリストとして、プロの施術を提供することにこだわりをもち、即戦力の採用を重要視されています。こちらの会社様の運営されている店舗では、これまで優秀な人材の採用を行ってきた結果、高い志をもち上京してきた地方出身の美容師が多いそうです。しかし、以前の世田谷区(東京都)にある店舗2階のオフィスでは、面接の場所として案内する際に、立地面で地方の方の認知度が低いことが課題としてありました。美容室が多く、知名度もある、渋谷や原宿の方がより優秀な人材の採用に適しているのではと考え、5年ほど前から移転を考え始めたそうです。

新しいオフィスの1番の特徴は、シャンプー台やセット面等、店舗と同じ環境が整った「スタジオ」をオフィス内に造ったことです。プロの施術を提供されているこちらの会社様では、より良い商品の開発や技術の習得は欠かせません。そのため、新商品のデモンストレーションや勉強会などが行えるスタジオが必要でした。スタジオは、床材や照明を他のエリアと変えることで空間を切り分け、壁のないオープンな空間としています。壁がない分スペースを広く使うことができるため、大人数の勉強会にも対応ができます。

また、オフィスのデザインテーマは「品格があり、スタッフの意識が高まるオフィスにしたい」と、代表よりご相談をいただきました。ご移転の検討中にたくさんの物件を見てきた中で、アクセントウォールを取り入れた内装デザインが印象に残っており、こちらも取り入れたいとお話をいただきました。

アクセントウォールは、白い壁の一部分に異なった色や素材を取り入れることで、空間の中に目を引くポイントを作ることができます。ご希望のあったネイビーのアクセントウォールは、執務室と会議室に取り入れました。そして、執務室のキャビネットや会議室のデスクには、ダークブラウンの木目調の什器をご提案しました。以前のオフィスで使用されていた白色のキャビネットには、黒色のシートを貼って転用することでオフィス全体のデザインを統一しています。

静かな印象のネイビーに、堅実的な印象を与えるダークブラウン、リラックス効果のある木目調といった色や柄を用いて、落ち着きがあり仕事に集中できるオフィス空間をデザインしました。

<スタジオ>他のエリアとは床材や照明を変え、店舗を再現しています

ご担当者様インタビュー

MACオフィスを選んでいただいた理由を教えてください

インターネットで検索し、ホームページを見て問い合わせをしました。同じように検索してヒットした企業含め、全部で4社ほど問い合わせましたが、1番対応が早かったのがMACオフィスさんでした。

当社のご提案及びご対応はいかがでしたか

MACオフィスさんでは、内装はもちろん、什器の選定、電話機・複合機・ネット環境などのインフラ整備は業者の紹介まで、まとめてご提案いただけた点がとても助かりました。窓口が1本化されると、何かあった際に相談しやすいので便利ですね。移転先の物件はマンションなのですが、トイレなどの水回りも含めて提案・施工していただきました。ご相談した予算内、短納期にも対応いただいてとても満足しています。

<会議室>ネイビーのアクセントウォールで空間にポイントを

前後の記事

記事一覧へ

CONTACT

  • TOKYO
    TEL: 03-5511-1881
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 03-5511-1884
  • OSAKA
    TEL: 06-4704-8705
    受付時間 8:45~17:45(土・日・祝を除く)
    FAX: 06-4704-8707
ご相談・お問い合わせ